年末調整の流れ

年末調整は、次のような流れで行います。

1.本年分の給与総額の計算

まず、年末調整のときまでに支給した給与の総額を個人ごとに計算します。

 

2.給与所得控除後の給与金額の計算

その求めた給与の金額から、給与所得控除後の給与金額を求めます。

 

3.各種保険料の控除額の計算

「給与所得者の保険料控除申告書」に基づいて、各種保険料控除額を計算します。

 

4.扶養控除等の控除額の計算

「扶養控除等申告書」に基いて、扶養控除等の控除額を計算します。

 

5.配偶者特別控除額の計算

「給与所得者の配偶者特別控除申告書」に基づいて、配偶者特別控除額を計算します。

 

6.課税給与所得金額の計算

2.で求めた給与所得控除後の給与の金額から3.で求めた各種保険料控除額、4.で求めた扶養控除等の控除額の合計額、5.で求めた配偶者特別控除額を控除し、課税給与所得金額を求めます。

 

7.「算出年税額」と「年調年税額」の計算

6.で求めた課税給与所得金額「年末調整のための所得税額の速算表」にあてはめて、「算出年税額」を求めます。
住宅借入金等特別控除の適用を受ける人は、上記で求めた算出年税額から、住宅借入金等特別控除額を控除して「年調年税額」を求めます。
住宅借入金等特別控除額がない人は、算出年税額が年調年税額になります。
年調年税額は、100円未満を切捨てします。

 

8.過不足額の計算

7.で求めた年調年税額と本人の給料や賞与から控除した源泉所得税の合計額とを比べ、過不足額の精算をします。
源泉所得税の合計額が年調年税額より多ければ、差額は本人に還付され、少なければ不足額を本人から徴収することになります。

以上が、年末調整の流れです。

 

年末調整代行サービスの詳しい内容はこちら

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88年末調整代行サービス

年末調整と源泉徴収とは

年末調整の対象者

年末調整の注意点

年末調整の流れ

 


驚きの低価格で会計・経理記帳を代行します! 記帳代行月額費用880円~
通帳・領収書・請求書だけでOK! 一ヵ月を切った決算書も大丈夫! 決算書作成・法人税申告丸投げサポート49,800円~
助成金 調達資金 会計税務もサポート 地元の企業家応援! 設立するよりお得! 会社設立手数料が1,500円~

ニーズ別経理代行サービス

  • 煩雑な経理業務の負担を減らしたい
  • 親族による経理管理は限界かも
  • 任せていた経理担当者が退職してしまった
  • 自社従業員に経理業務は任せたくない
  • 税理士に記帳を断られた
  • クラウド会計を導入して経理をスマート化したい

業種別経理代行

  • 不動産業向け経理代行
  • 輸出入業向け経理代行
  • 飲食業向け経理代行
PAGE TOP